本文へ移動

ジブリらしさ、パーク玄関から 県が公園北口を整備、駐車場も増設

2021年2月4日 05時00分 (2月4日 09時04分更新)
北エントランスの整備イメージ

北エントランスの整備イメージ

 愛知県は三日、二〇二二年秋のジブリパーク開業に向けて、予定地の愛・地球博記念公園(長久手市)の整備・改修費用として約六十七億円を二一年度当初予算案に計上すると発表した。公園の玄関口となる北エントランスの再整備や、駐車場の増設などに取り組む。 (浅井俊典)
 北エントランスは東部丘陵線(リニモ)の同公園駅に隣接し、多くの来園者が利用している。ジブリパークへの入り口として、ジブリの世界観と調和した景観を目指す。
 再整備では...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧