本文へ移動

「豆占い」ことしの天候は? 近江八幡の八幡神社

2021年2月4日 05時00分 (2月4日 05時00分更新)
大豆を焼いて天候を占う(右から)田仲さんと山田さん=近江八幡市安土町内野の八幡神社社務所で

大豆を焼いて天候を占う(右から)田仲さんと山田さん=近江八幡市安土町内野の八幡神社社務所で

 十二個の大豆の焼け具合で一年間の天候を月ごとに占う、近江八幡市安土町内野に伝わる「豆占い」が節分の二日夜、地元の八幡神社で営まれた。「豆焼き神事」とも呼ばれ、明治以前から続くとされる。占った結果、三月や五月、十一月以降は晴れる日が多いが、梅雨は長く、コメの収穫期も雨が多いと出た。
 氏子総代が社務所に持ち込んだ七輪(しちりん)に炭火を入れ、鉄板(縦十五センチ、横二十センチ)を載せて準備完了。今年の占い役は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報