本文へ移動

【巨人】先発完投目指す戸郷が”桑田理論”をしっかり意識 キャンプ自己最多の135球

2021年2月3日 13時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
原監督(右)が見つめる中、投球練習する巨人・戸郷

原監督(右)が見つめる中、投球練習する巨人・戸郷

 巨人の戸郷翔征投手(20)が3日、宮崎キャンプでブルペンに入り、135球を投げた。
 キャンプで自己最多というこの球数は、桑田投手チーフコーチ補佐の指針を意識したという。桑田コーチは先発投手について、1イニング15球を目安に135球で完投をと提唱している。戸郷は「もちろん、それを意識して投げました」と笑顔を浮かべつつ、「きつかったですね」と話した。先発完投を目指して、今後も投げ込みを続けていくつもりだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ