有罪判決受け、国会も出ないけど 河井案議員に歳費

2021年2月3日 05時00分 (2月3日 05時01分更新) 会員限定
あるじ不在の状態が続く河井案里議員の席=1月、参院本会議場で

あるじ不在の状態が続く河井案里議員の席=1月、参院本会議場で

  • あるじ不在の状態が続く河井案里議員の席=1月、参院本会議場で
 公選法違反(買収)罪に問われ、有罪判決を受けた参院議員河井案里被告(47)=広島選挙区=に歳費などが支給され続けている。判決が未確定で失職したわけではないため法に沿った措置ではあるものの、案里議員は保釈後も国会に現れず、議員としての職責を果たしていない。議員辞職の意向を固めたとのことだが、有権者から憤りが湧き上がるとともに、法の不備を指摘する声が出ている。 (榊原崇仁)
 「市民はコロナ禍で懐具合が苦しいのに、あんなに歳費をもらっている。おかしいでしょ、国会にも全く姿を見せていないのに」。市民団体「河井疑惑をただす会」の山根岩男事務局長(69)=広島市安佐北区=は怒りをあらわにした。
 案里議員は昨年六月、夫で元法相の克行被告(57)=衆院広島3区、公選法違反罪で公判中=と共に逮捕された。案里議員は同十月に保釈された後も雲隠れしたままで、議員活動をしている形跡は確認できない。
 それでも歳費などの支給は続いている。参院事務局によると、案里議員には給与に当たる歳費が毎月百三万五千二百円支払われ、昨年六月と十二月には各三百万円超の期末手当(ボーナス)が出た。この他に月百万円の文書通信交通滞在費...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の新着

記事一覧