本文へ移動

金華山トレで鍛えた下半身「打撃で軸がぶれなくなった」県岐阜商・高木は世代屈指の捕手【センバツ】

2021年2月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
春の頂点に向けて練習に励む県岐阜商・高木翔斗捕手

春の頂点に向けて練習に励む県岐阜商・高木翔斗捕手

◇センバツ連載「春に光れ!」第2回・県岐阜商・高木翔斗捕手
 第93回センバツ高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に出場する32校が決定した。今年の入場曲は「パプリカ」。歌詞にも登場する“いちばん星”のように光る活躍が期待される各チームの注目選手を全5回で紹介する。
  ◇  ◇ 
 「甲子園で一発を打つのが小さいときからの夢」。県岐阜商の高木翔斗捕手(2年)は、豪快なスイングと強肩が持ち味だ。今秋のドラフト候補にも挙がる世代屈指の捕手。春に向けて確実に成長を遂げている。
 昨秋は4番で打率3割6分7厘をマークして、岐阜県大会優勝と東海大会準優勝に貢献した。しかし、長打は両大会で二塁打1本のみ。「自分がもっと長打を打たないといけなかった」と反省した高木はその悔しさを冬場の練習につなげた。
 主に取り組んだのは下半身の強化だ。チームは週3~4日、学校から約3キロ離れた金華山(標高329メートル)を登るランニングを朝練のメニューとして導入。「打撃で軸がぶれなくなったし、送球も安定してきた」と成果が出ていると感じる。
 体重こそ大きな変動はないが、「筋肉がついてきた」という高木のスイングスピードは全国トップクラスの149キロに。二塁送球も1・85秒という超高校級の数字を記録した。それでも「チームには自分よりスイングが速い選手が2人もいるのでまだまだ」。あくなき向上心を口にする。
 チームは日本一を目標に掲げる。高木はそれだけではなく、世代ナンバーワンの捕手を目指す。ライバルとみるのは高校通算30本塁打を超えるスラッガー・松川虎生(こう)捕手(2年・市和歌山)だ。「比較される記事を見て、負けたくない存在として意識するようになった」と甲子園での対戦を心待ちにする。
 将来の夢はプロ野球選手だ。しかし、今は「まずは甲子園で活躍してから」と目の前の大会だけを見据える。「今年のセンバツは好投手が多い。大会注目の投手から一発打ちたい」。そう意気込む高木が岐阜の名門を戦後初の甲子園大会優勝に導き、夢の扉を開いてみせる。
 ▼高木翔斗(たかぎ・しょうと)2003(平成15)年8月12日生まれ、岐阜県垂井町出身の17歳。186センチ、87キロ、右投げ右打ち。府中小1年の時に伊吹クラブで野球を始め、垂井北中では軟式の少年野球・岐阜フェニックスでプレー。県岐阜商では1年春からベンチ入り。新チームでは主将を務める。高校通算16本塁打。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ