本文へ移動

菅首相の『プロンプター』さまざまな反応「ついに使ったんだ」「しっかり伝えてくれればいいじゃん」

2021年2月2日 21時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「プロンプター」を使って会見する菅首相を映す街頭モニター

「プロンプター」を使って会見する菅首相を映す街頭モニター

 菅義偉首相(72)が2日夜に記者会見し、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を10都府県で来月7日まで延長することを正式に表明した。
 記者の質疑応答の中で話題に上がったのが、原稿などを表示する「プロンプター」。菅首相は従来は使用せず、手元の原稿に視線を落とす場面が目立っていた。
 この日の会見では使用した理由を問われた菅首相は、「従来の記者会見でも国民の皆さんにきちんと情報発信し、説明責任を果たしたいと思って臨んでいました。プロンプターについても、そうした観点からの一助となればといういろいろな方からお考えがありましたので、そういう中で今回初めて使わせていただきました」と説明。さらに「受け止め方は皆さんがお決めになることではありますけれども、機会に応じて活用していきたい」と、今後も使用する可能性を示唆した。
 これを受け、ツイッターでも「プロンプター」がトレンド入り。「プロンプターついに使ったんだ」、「プロンプター使っても、しっかり伝えてくれればいいじゃん」、「プロンプターどうのこうのじゃないから!」などさまざまな反応があった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ