本文へ移動

「義理の息子が主役、どうしたら…」奥田英二は柄本佑との共演で「今までにない思い」告白【痛くない死に方】

2021年2月2日 17時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつに立つ柄本佑と奥田瑛二

舞台あいさつに立つ柄本佑と奥田瑛二

 俳優の柄本佑(34)主演の映画「痛くない死に方」(高橋伴明監督、20日公開)の舞台あいさつが2日、東京都内で行われた。
 在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏さんのベストセラーを実写化。柄本の義父・奥田瑛二(70)は高橋監督からのオファーに台本を読まず快諾したが、「義理の息子が主役でどうしたらいいんだよって。今までにない思いで取り組みました」と告白した。
 また、がん患者を演じる宇崎竜童(74)はトレードマークのリーゼントではなく白髪姿を披露。「この髪形は、セットに25分かかる。でも、病人になってやらないよね」と苦笑し、「衣装合わせの時に白髪染めもとって、バサバサの髪で出掛けたら、監督から『それでいいんじゃない』って。あれが私の本当の白髪です」と笑いを誘った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ