本文へ移動

「大丈夫巻き」食べてコロナに勝って 県護国神社など福井の3病院に贈る

2021年2月2日 05時00分 (2月2日 16時58分更新)
県護国神社の宮川宮司(左)から「大丈夫巻き」を受け取る県済生会病院の登谷院長=福井市の県済生会病院で

県護国神社の宮川宮司(左)から「大丈夫巻き」を受け取る県済生会病院の登谷院長=福井市の県済生会病院で

  • 県護国神社の宮川宮司(左)から「大丈夫巻き」を受け取る県済生会病院の登谷院長=福井市の県済生会病院で
  • 医療従事者に贈られた「大丈夫巻き」
 新型コロナウイルス感染者の治療に当たる医療従事者を励まそうと、県護国神社(福井市)と居酒屋「わらび」(同市)などは一日、コロナ早期終息の祈りを込めた恵方巻き「大丈夫(ますらを)巻き」を同市内の三病院に百本ずつ贈った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧