日本版の科学振興団体が6月にも発足へ

2021年2月2日 05時00分 (2月2日 05時01分更新) 会員限定
 研究者から市民まで科学に関心のある人々が参加し、対話や政策提言などを通じて、科学の振興や普及を目指すNPO法人が六月にも発足する。世界最大級の科学普及団体「米科学振興協会(AAAS(トリプルエーエス))」にならい、「日本版AAAS」を目指す。その設立準備委員会が一日に設立された。
 日本の科学技術力の低迷に危機感を持つ若手研究者や企業人らが一年以上前から計画してきた。欧米の科学振興には、国を代表する科学者からなる組織「アカデミー」と、科学に関係するすべての人に開かれた普及団体が両輪で携わっている。日本では「日本学術会議」などがアカデミーに当たるが、後者の大きな組織はなかったという。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧