本文へ移動

【ロッテ】松中臨時コーチ、初日から熱血指導 左の“長距離砲化”へ安田&藤原に「削れ!」

2021年2月1日 17時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
居残りでロッテの安田(左)らを指導する松中臨時コーチ

居残りでロッテの安田(左)らを指導する松中臨時コーチ

 ロッテの松中信彦臨時コーチが1日、沖縄県石垣市で始まったキャンプで初日から熱血指導した。
 同じ左打者の“長距離砲化”を井口監督から託され、通常の打撃練習から鋭い目を向けた。居残り練習でも左打者にロングティーを指示し、最後には4年目の安田と3年目の藤原の2人を呼ぶと復習を兼ねたティー打撃を行い、自らトス役を務めた。
 特に太もも内側の筋肉を含めた左脚の使い方を念入りにレッスンしていた様子で「(土を)削れ!」「まだ初日だぞ!」と涼しい表情でハッパを掛けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ