本文へ移動

キンコン西野亮廣、退社翌日に「さっそく吉本と仕事してない?」自らツッコミ 相方・梶原雄太の残留も明かす

2021年1月31日 23時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キングコングの西野亮廣(右)と梶原雄太

キングコングの西野亮廣(右)と梶原雄太

 吉本興業を30日付で退社したお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が31日、自身のツイッターを更新した。
 自らが製作総指揮・原作・脚本を務めた「映画 えんとつ町のプペル」(公開中)の鑑賞者限定で、西野と「NON STYLE」の石田明(40)との生配信トークイベントの視聴リンクをプレゼントすることを告知。西野は「吉本興業を独立して1日が経ちました。……ていうか、さっそく吉本興業と仕事してない?」と自らツッコんだ。
 西野はこの日、音声メディア・Voicyの「西野亮廣エンタメ研究所」などで退社のいきさつなどを説明。自身の仕事について、タレント活動よりも海外に学校をつくったり、絵本や映画をつくるのがメインになってきたが、これらの仕事が実現までに3~4年かかるのに対し、吉本のマネジャーは1年おきに交代するため「自分の活動内容と、吉本のマネジメントの仕組みが、マッチしなくなってきた」と指摘していた。キングコングは解散せず、相方・梶原雄太(40)は吉本に残留することも明かした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ