本文へ移動

3年前に引退した選手が国体で優勝!ショートトラック坂爪亮介「3人に助けられた」現役復帰は笑顔で否定

2021年1月31日 20時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
成年男子5000メートルリレー決勝で滑走する愛知県の坂爪亮介(手前)

成年男子5000メートルリレー決勝で滑走する愛知県の坂爪亮介(手前)

◇31日 愛知冬季国体最終日 スピードスケートショートトラック成年男子5000メートルリレー(名古屋市・日本ガイシアリーナ)
 平昌五輪で1000メートル5位に入賞し、今はトヨタ自動車のコーチを務めている坂爪亮介が愛知県のメンバーとして成年男子の5000メートルリレーに出場。「僕は現役じゃないので、(リレーメンバーの)3人に助けられた」。
 3年前に引退して以来の全国の舞台で優勝を果たすと、笑顔を浮かべた。レース中は「無酸素状態のように感じた」と話し、現役復帰の可能性には「全く思わない。みんな速いです」と笑って全面否定した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ