本文へ移動

【DeNA】番長は前を向く… 三浦監督が求める意識改革 「全員が変わらなければ強くなれない」

2021年1月31日 19時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄入りしたDeNA・三浦監督

沖縄入りしたDeNA・三浦監督

 DeNAの三浦大輔監督(47)が31日、春季キャンプに向けて沖縄入り。宜野湾市の宿舎で開いた全体ミーティングで選手のみならずコーチ、スタッフも含めた全員に意識改革を求めた。
 所信表明でも訴えたのは「横浜一心」だった。「昨年の悔しい結果を変えるためには意識を変えて取り組んでほしい。心を一つにするために、このキャンプで全員が変わってほしい」。そう呼び掛けた三浦監督が意味を説明した。
 「今のまま一つになるのではなく、一つになるためにどう変わるのかを考えてほしい。全員が変わらなければ強くなれない。一人一人が考えて意識が変われば、行動も変わる」
 オフには井納翔一投手(34)と梶谷隆幸外野手(32)が巨人へ移籍し、外国人選手もキャンプに間に合わない。いきなりの試練。それでも番長は前を向く。「シーズン中でも思い通りにいかないことがあると思うが、横浜一心を貫きたい」。自ら考えたスローガンを体現する日々が始まる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ