優勝の一山麻緒、まるで敗者「悔しい」涙流し「25キロすぎから呼吸きつく」【大阪国際女子マラソン】

2021年1月31日 19時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴール後、ワコールの永山忠幸監督(左)に支えられる一山

ゴール後、ワコールの永山忠幸監督(左)に支えられる一山

  • ゴール後、ワコールの永山忠幸監督(左)に支えられる一山
 大阪国際女子マラソン(長居公園発、ヤンマースタジアム長居着の42.195キロ)が31日にあり、東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が2時間21分11秒で優勝した。日本記録更新を視野にハイペースを刻んだが、25キロ過ぎでペースダウン。五輪への課題が残る形となった。
 
  両腕を広げてゴールテープを切る一山に笑顔はなかった。今夏の東京五輪を前に、高いハードルを自らに課していた。結果的に、野口みずきが持つ2時間21分18秒の大会記録は上回ったが、その野口が2005年に出した2時間19分12秒の日本記録には遠く及ばなかった。「日本記録、それだけのために出た。悔しい」。涙があふれ出た。
 お膳立ては整っていた。大会直前に変更された周回コースは高低差4メートルと平たん。ペースメーカーはレース経験豊富な川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら男子選手が務めて1キロ3分18秒程度の日本記録ペースを刻み、風よけ役にも声掛け役にもなった。
 ハーフの通過は1時間9分35秒。理想的な展開だったが、体は限界だった。「25キロすぎから呼吸がきつくなった。ただただ自分の力がなかった」と一山は敗者のように語る。ワコールの永山忠幸監督は、年末に体調不良で練習計画が大幅に狂ったと明かし、「自信を持ってスタートに送り出せなかった」と悔いた。
 2020年3月には雨中の名古屋ウィメンズで2時間20分29秒の国内最高記録をたたき出した。ポテンシャルは間違いなく高い。一山は「日本記録ペースは走ってみるときつかったが、体感できたことは今後につながる。五輪の開催を信じて最高の準備をしたい」。優勝して流した悔し涙を、大舞台への糧にする。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ