本文へ移動

八嶋智人「かわいく見えてきた」発言に渡辺えり「もともとかわいいの」息ぴったり【喜劇 お染与太郎珍道中】

2021年1月31日 19時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「喜劇 お染与太郎珍道中」で熱演する渡辺えり(中)と八嶋智人(左)

「喜劇 お染与太郎珍道中」で熱演する渡辺えり(中)と八嶋智人(左)

 1日に初日の幕を開ける女優の渡辺えり(66)と俳優八嶋智人(50)の主演舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」の公開舞台稽古が31日、東京・新橋演舞場であった。共演の太川陽介(62)、西岡徳馬(74)と会見もした。渡辺は「二十歳ぐらいの嫁入り前の娘役も、振り袖を着る役も生まれて初めて」と興奮して話した。
 江戸から京へと向かう大店(おおだな)の箱入り娘お染(渡辺)と、お染の付き人に命じられたドジでおっちょこちょいな手代の与太郎(八嶋)にふりかかる騒動を描くドタバタ喜劇。
 八嶋が「(稽古を続けてきたら)渡辺さんがかわいく見えてきた」と話すと、渡辺は「もともとかわいいのよ。失礼な奴」と言い返すなど早くも息ぴったり。
 太川は与太郎の見張り役、西岡は2人が出合う堅物の浪人役で出演する。西岡は次女の女優、優妃(33)と親子役で初共演が実現。「やりにくいけど一生にいっぺんくらいいいかな」とうれしそうに話した。公演は同所で17日まで(9日休演)、京都公演は21日から27日まで南座で。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ