本文へ移動

AI「自分が映らなくてもいいかな」医療現場の映像を組み合わせた新曲MV見て「本当に感動」

2021年1月31日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI

AI

 歌手のAI(39)が30日、みんなの力でがんを治せる病気にするプロジェクト「deleteC」のアンバサダーとしてオンラインイベントに出演、新曲「HOPE」を初披露した。
 がん治療研究にエールを送る新プロジェクト「いいね募金」のために、AIの「HOPE」と医療現場の映像を組み合わせたMVも制作。映像を見たAIは「たくさんの人たちの声が最後に集まってくるけど、それが本当に感動で、自分が映らなくてもいいかなと。それくらい感動した」と話した。
 プロジェクトに参加した理由について、AIは「世界はつながっていると思っているし、これは自分に関係ないことだとは思えない。そのうち自分だったり、家族や親友とか恋人とかに来ることかもしれない」と熱く語った。新曲が収録されたミニアルバム「IT‘S ALL ME vоl.2」は2月24日発売だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ