本文へ移動

壇蜜らコロナ禍での議員の銀座訪問に物申す「クラブと陳情は相性が悪い」「民間だったら領収書は通らない」

2021年1月31日 13時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
壇蜜

壇蜜

 タレント壇蜜(40)が31日、TBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」に出演。自民党の松本純国対委員長代理らが緊急事態宣言発令中に銀座のクラブを訪れ、陳情を受けていた、と説明したことに関して「陳情は相性が悪いと思います。(銀座の)クラブで陳情はおなかが痛くなりそう」とその釈明に首をかしげた。
 松本氏、公明党の遠山清彦幹事長代理は、宣言発令中、深夜まで銀座のクラブを訪れ、遠山氏は2年前、キャバクラ飲食費が政治資金から支出されていたことも明らかになり、2人は党役職を辞任。松本氏は「要望、陳情を受けて回る立場でひとりで行っておりました」と釈明した。
 これに対し、テレビプロデューサーのテリー伊藤(71)は「民間だったら、銀座で飲んだ領収書は経理を通りませんよ。菅(義偉首相)さんがコロナを撲滅しようとしているなら、なぜ役職を外すだけでなく、2人を離党させる(ことをしないのか)。芸能界でも飲みに行っていたら仕事なくしますよ。民間企業でも」と憤った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ