本文へ移動

<回想列車 蒲郡線にゆられ> (5)こどもの国駅

2021年1月31日 05時00分 (2月5日 11時53分更新)
レトロな雰囲気が漂う店内で、接客をする豊田裕さんと妻の恵子さん=西尾市東幡豆町の川口屋で

レトロな雰囲気が漂う店内で、接客をする豊田裕さんと妻の恵子さん=西尾市東幡豆町の川口屋で

  • レトロな雰囲気が漂う店内で、接客をする豊田裕さんと妻の恵子さん=西尾市東幡豆町の川口屋で
 「いらっしゃい。きょうも寒いね」。カラカラと乾いた音が響く戸を開けると、店主の豊田裕さん(75)と妻の恵子さん(69)がやさしくほほ笑む。こどもの国駅(西尾市東幡豆町)から徒歩五分の「川口屋」は、駄菓子やカップラーメン、文具などが並ぶ、どこか昔懐かしい、町のよろず屋だ。
 創業は一九六一年四月。七四年には、近くに県の児童総合遊園「愛知こどもの国」がオープンし、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の新着

記事一覧