スーパーGTマシン展示 新名神の鈴鹿PA

2021年1月31日 05時00分 (1月31日 05時00分更新) 会員限定
休憩で立ち寄ったドライバーらの注目を集めたGTマシン=鈴鹿市山本町の鈴鹿パーキングエリアで

休憩で立ち寄ったドライバーらの注目を集めたGTマシン=鈴鹿市山本町の鈴鹿パーキングエリアで

  • 休憩で立ち寄ったドライバーらの注目を集めたGTマシン=鈴鹿市山本町の鈴鹿パーキングエリアで
 新名神高速道の鈴鹿パーキングエリア(PA、鈴鹿市山本町)に、スーパーGTへの参戦をイメージしたトヨタの「GRスープラ スーパーGTコンセプト」がお目見えした。市が鈴鹿サーキットなどの協力を得て、展示した。三月三日まで。
 市などによると、二〇二〇年シーズンからGT500クラスで参戦する車両としてトヨタが開発し、一九年に東京オートサロンで発表したコンセプトモデル。GRスープラは二〇年シーズンにトヨタ系六チームに提供され、活躍した。
 白地に赤と黒があしらわれたマシンは全長五メートル、全幅二メートルと大ぶり。商業施設内の展示スペースで存在感を放ち、休憩で立ち寄ったドライバーたちの注目を集めた。
 展示はモータースポーツの街・鈴鹿をPRするため。期間終了後はホンダや日産のGTマシンを順次並べる予定。 (片山健生)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧