本文へ移動

観光への影響懸念広がる 志摩マリンランド3月末休止 

2021年1月30日 05時00分 (1月30日 05時00分更新)
営業休止を発表した志摩マリンランド=志摩市で

営業休止を発表した志摩マリンランド=志摩市で

 志摩市の水族館「志摩マリンランド」が三月末で営業を休止するとの知らせを受け、地元からは、驚きの声や、観光面への影響を懸念する声が上がった。
 一九七〇年三月に開館。マンボウやペンギンを間近で見られ、魚に直接触れられる水族館として人気を集め、地元の観光面でも存在感を示してきた。
 橋爪政吉志摩市長は「本当に驚いた。五十一年にわたって志摩の観光の歴史を担ってきた施設で、園児からお年寄りまで、大きなショックを受けると思う。観光の面でも大きく打撃を受ける可能性がある。気を引き締めて観光業に力を入れていかなければ」と話した。
 市観光協会の西尾新会長(60)は「長年親しまれてきた場所だけに非常に残念。豊かな自然が売りな志摩において、雨でも楽しめる施設だった。修学旅行生にも魅力の施設だったので、それがなくなるのは大きな打撃」と残念がった。
 また「新型コロナウイルス感染症の影響で、かなり打撃を受けている宿泊施設も突然、営業をやめるところが出てくるのではないかと心配している」と不安を吐露した。
 隣接する鳥羽市にある鳥羽水族館の奥出協館長(59)は「半世紀以上同じ地域で一緒にやってきた仲間。まさかと、びっく...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧