本文へ移動

川上憲伸さん、阪神・藤浪の起用「理想は7回」 課題は制球力「大ピンチじゃないのに大ピンチにする可能性も」

2021年1月29日 21時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川上憲伸さん

川上憲伸さん

 中日と大リーグのブレーブスで活躍した本紙評論家の川上憲伸さん(45)が29日、自身のユーチューブチャンネルに動画を投稿。2021年の阪神について語る中で、藤浪晋太郎投手(26)について言及した。
 川上氏は藤浪について「勢いを消せる投手。三振をとれるから大ピンチに行っても抑えられる可能性がある。6~7回に行ってもらうとチームが勢いづくのでは」と指摘。一方で「大ピンチじゃないのに大ピンチにする可能性もある。1点差(での登板は)は怖い」と危うさも説明した。
 その上で「理想は7回。良かったら8回の頭まで」と起用方法について言及。キャンプについては「コントロールがどうか。そこに尽きる」と課題の制球力の成長について注目していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ