本文へ移動

爆問・田中裕二が出演予定も「休んでもらう」“ガースーと同い年”高田文夫の明治座公演が開幕

2021年1月29日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公演初日を迎えた高田文夫(右)と宅間孝行

公演初日を迎えた高田文夫(右)と宅間孝行

 放送作家でタレントの高田文夫(72)が企画する公演「よみがえる明治座東京喜劇―ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』全力応援!!―」が29日、東京・明治座で開幕した。喜劇と寄席の二部構成で、同所で2月14日まで。
 寄席の部には、お笑いコンビ「爆笑問題」が2月13日に出演予定だが、田中裕二(56)が前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で27日に退院したばかり。高田は「太田(光)君と毎日連絡しているところ。田中君には休んでもらって、太田君にはのびのびやってほしい。構想はいろいろ考えています」と明かした。
 高田は喜劇「こちとら大奥様だぜぃ!」で主演を務める田中美佐子(61)のはっちゃけた演技に「すごい喜劇女優。ポスト泉ピン子。いや、森光子。このキレはあと数年なので、今のうちに見てほしい」と呼び掛けた。コロナ禍で初日を迎え「きょう幕が開いたときに柄にもなく感動した。ガースー(菅義偉首相)と同じ年なんですけどね。しっかりしないとね」と苦笑していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ