本文へ移動

中京大中京の151キロ右腕・畔柳「目標は日本一」 先輩たちの分まで甲子園で躍動する!!【センバツ】

2021年1月29日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
センバツ出場が決まり、喜ぶ中京大中京の選手たち(代表撮影)

センバツ出場が決まり、喜ぶ中京大中京の選手たち(代表撮影)

 第93回センバツ高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の代表校を決める選考委員会が29日、オンライン形式で行われ、21世紀枠の4校を含めた32校の代表校が決まった。東海地区からは、ともに2年連続出場となる中京大中京(愛知)と県岐阜商が選出され、中京大中京のエース・畔柳亨丞(くろやなぎ・きょうすけ)投手(2年)は日本一を誓った。大会ナンバーワン投手の呼び声も高い市和歌山の小園健太投手(2年)は、中学時代に投げ合った畔柳との再戦を熱望。21世紀枠では、静岡県から初めての同枠での選出となる三島南が春夏を通じて初の甲子園切符をつかんだ。
 ◇  ◇  ◇
 名門を背負う右腕は、偉大な先輩の思いも背負って燃えている。中京大中京の最速151キロ右腕・畔柳は「目標は日本一」と力強く宣言。ドラフト1位で中日に入団した高橋宏らを擁し、公式戦28戦無敗ながらコロナで春夏とも優勝を争うことすらできなかった前チームの分まで躍動することを誓った。
 「先輩たちが日本一を狙えるチームだったからこそ、自分たちが日本一になって恩返しがしたい。そのために、分かっていても打たれないストレートを追求してチームを勝たせる投球がしたい」
 新チームは試合経験が足りず、発足直後の地区大会でいきなり敗戦。無敗だった前チームと比較される重圧ものしかかった。それでも県大会、東海大会と試合を重ねるうち着実に成長。畔柳も「組織力では前チームにも負けてない」と日本一を狙えるチームに成長したことを実感している。
 もちろん、個人の目標は世代ナンバーワンだ。好投手がそろう今年のセンバツでライバルに挙げるのは、世代屈指の右腕と呼び声が高い市和歌山の小園。「中学の時に投げ合った時は0―1で負けてしまった。チームを日本一にするために次こそは負けない」と雪辱の機会を心待ちにする。
 そんな右腕に高橋源一郎監督(41)も「勝てる投球をしてもらいたい。失点にこだわってほしい」と期待を寄せる。「開催してくれることがうれしい。医療従事者の皆さんに何かメッセージになるような投球ができたら」と畔柳。さまざまな思いを込め、史上最多に並ぶ5度目の春の頂点までチームを導いてみせる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ