本文へ移動

【Fリーグ】名古屋オーシャンズ、ホーム最終戦4発快勝で4連覇王手!30日の町田戦引き分け以上で決定

2021年1月29日 14時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
目の前の試合に集中することを強調するフエンテス監督(名古屋オーシャンズ提供)

目の前の試合に集中することを強調するフエンテス監督(名古屋オーシャンズ提供)

 フットサルの絶対王者・名古屋オーシャンズは24日に名古屋市港区の武田テバオーシャンアリーナで行われたホーム最終戦のバルドラール浦安戦に4ー2で快勝し、リーグ4連覇に王手をかけた。
 第1ピリオド8分に平田ネトアントニオマサノリのゴールで先制。15分に同点弾を許してしまうが、17分にガブリエル・ペネジオが放ったシュートのこぼれ球を西谷良介が頭で押し込み、勝ち越した。
 第2ピリオドに入っても主導権を握り続けた。27分に右サイドの平田から逆サイドの西谷へ長いパスが送られ、西谷が中央の水谷颯真へボールを渡した。左足を振り抜いた水谷のミドルシュートがゴール右上に吸い込まれ3点目。さらに、32分にはキックインからオリベイラ・アルトゥールが強シュートを決めた。試合終盤、浦安のパワープレーによって失点を許したものの、盤石のプレーで6連勝を収めた。
 現時点で、勝ち点48のオーシャンズ以外に優勝の可能性が残るのは同36で3位のバサジィ大分だけ。大分が残りの4試合に全勝し、オーシャンズが残りの5試合に全敗すれば勝ち点48で並ぶ。その場合は得失点差で優勝が決まるが、もはやオーシャンズの優勝は動かないだろう。
 オーシャンズは30日に東京都の町田市立総合体育館でペスカドーラ町田と対戦し、大分はオーシャンズ戦の前にY.S.C.C横浜と対戦する。大分が白星を逃した場合は試合前にオーシャンズの優勝が決定。大分が勝っても、オーシャンズは引き分け以上で優勝が確定する。
 ただ、フエンテス監督は町田戦に向けても「タイトルが懸かった試合というのは間違いないですが、それは一度忘れて、次の試合に関しても今まで通りの雰囲気をつくって練習から過ごしていきたい」と現実的な言葉を口にした。 
 同じくベテランの星翔太も「彼ら(町田)のことはリスペクトしつつも、自分たちにフォーカスして、いつもと同じように勝つための準備をしっかりとしたい」と強調した。
 「一戦必勝」の姿勢を貫きながら臨んだ今季は、ここまで16勝1敗。優勝が決定するであろう次戦もこれまでと同じように目の前の試合に集中し、その結果、チーム全員で喜びを分かち合いたい。(スポーツライター・舞野隼大)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ