本文へ移動

<リニアで変わる街の記憶> (1)伝統の型染め、絶滅寸前

2021年1月29日 05時00分 (1月29日 05時00分更新)
長さ20メートルの染色台が並ぶ工場で伝統の型染めの生地を広げる筒井さん=飯田市上郷北条地区で

長さ20メートルの染色台が並ぶ工場で伝統の型染めの生地を広げる筒井さん=飯田市上郷北条地区で

 実家の創業百二十四年の四代目として、型紙で「江戸小紋」を染めています。二〇一三年には「信州の名工」にも選ばれました。
 十年前に、県道拡幅と新戸川の付け替えで三メートルほど移転したばかり。工場に入れる長さ二十メートルの染色台も、京都で一番腕のいい職人さんに作り直してもらったが、その人はもう亡くなってしまった。少しの温度や湿度の変化で発色が変わるため、一気に染められる長い染色台が必要だが、染色台を作れる職人がいない。廃業になるかもしれない。
 昭和四十年ごろまではこのあたりに型染め工場が五十軒あり、通学路の両側から機織り屋のガチャガチャという音が聞こえた。今は県内ではここ(上郷)に二軒のみ、全国でも十軒ほどしか残っていない。着物離れやプリントが増え、型染めは絶滅寸前です。
 長年の経験があってできる仕事。一度廃業すると、二度と復活できない。この仕事をしたいと言ってくれる小学生の孫もいる。うれしいけど、廃業したらかなわなくなる。
 リニアの計画では、自宅と工場、田んぼが県道拡幅と重なっている。県には二年後までに移転してほしいと言われているが、移転先は決まっていません。染色台を作れる人が見つかるか...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報