本文へ移動

映画『すばらしき世界』西川美和監督が役所広司を絶賛 「ハダカが多いな~」には原作通りと苦笑

2021年1月28日 20時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見した西川美和監督

記者会見した西川美和監督

 俳優の役所広司(65)主演の映画「すばらしき世界」(2月11日公開)でメガホンを取った西川美和監督が28日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。
 実在の服役囚をモデルにした「やり直し」の物語。西川監督が17歳の時から「あこがれてきた」という役所の魅力について問われると「日本の俳優の最高峰だなと感じた」と演技を絶賛した。
 さらに女性から見た魅力も問われると「男性もとりこになる。映画の神様が贈ってくれた天使」とコメント。劇中で役所のハダカのシーンが多いのは監督の意図なのか―という鋭い質問には「原作通りですね」と苦笑い。「役所さんも『ハダカが多いな~』とおっしゃってましたけど…」と明かして笑いを誘った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ