本文へ移動

花總まり新型コロナ禍での上演「キャスト一同が特別な思い」ミュージカル『マリー・アントワネット』

2021年1月28日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミュージカル「マリー・アントワネット」公開ゲネプロのカーテンコールで並ぶ(左から)田代万里生、花總まり、ソニン、上原理生

ミュージカル「マリー・アントワネット」公開ゲネプロのカーテンコールで並ぶ(左から)田代万里生、花總まり、ソニン、上原理生

 女優の花總まり(47)が主演するミュージカル「マリー・アントワネット」(ロバート・ヨハンソン演出)の公開舞台稽古がこのほど、東京・渋谷の東急シアターオーブで行われた。
 原作は遠藤周作の小説「王妃マリー・アントワネット」で、フランス革命で処刑された王妃の栄華から転落を描く。2006年に日本で世界初演されたミュージカル。今回は18年に上演された新演出の再演になる。
 花總は「今回はコロナ禍での上演ということで特別な思いをキャスト一同が抱いての舞台になります。観客の皆さまにおかれましてはどうぞこの特別な『マリー・アントワネット』をお楽しみいただければ幸いです」とコメントを寄せ、「残念ながら観劇がかなわなかった方々にもこの舞台上から熱いメッセージをお届けする気持ちと全てに感謝して演じたいと思っております」とつづった。
 2月21日まで同劇場で。3月2~11日に大阪・梅田芸術劇場メインホールで。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ