本文へ移動

キスマイ玉森裕太、「anan」で2度目の大胆ヌード 割れた腹筋、凹凸のきれいな背筋、引き締まったお尻にくぎ付け

2021年1月29日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「anan」2月3日発売号の表紙で大胆ヌードを披露する玉森裕太(C)マガジンハウス

「anan」2月3日発売号の表紙で大胆ヌードを披露する玉森裕太(C)マガジンハウス

 アイドルグループ「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(30)が、女性グラビア週刊誌「anan」(マガジンハウス)の2月3日発売号の表紙&グラビアに登場。同誌史上初となる2度目のヌードに挑戦した。
 玉森は、2015年8月発売の同誌で、名物企画「愛とSEX」特集のグラビアに登場し鍛えぬいた肉体美を披露していた。それから5年半。30歳を迎え、今回は文学、芸術の視点から人が持つ知的なエロチシズムを考察する「官能の記憶。」特集のコンセプトに沿ったグラビアに挑戦。「Sweet:甘美な時間」「Wild:昂(たか)まる官能」の2つをテーマに撮影した。
 「まさか、2度目のヌード出演はないと思っていました。やらせていただくからには、前回を超えるセンセーショナルなグラビアにしたい。前とは違うアプローチで、大人の男としての成熟した部分を見せられたら」。現在出演中のTBS系ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜午後10時)のために体を鍛えようとしていたさなかにオファーを受けたといい、約3カ月を費やして体をいじめ抜いた。
 ソロで登場した前回とは異なり、美しい男女の官能ストーリーをグラビアで表現。割れた腹筋、凹凸のきれいな背筋、そして引き締まったお尻にくぎ付けになるバックショットまで余すところなく披露している。
 「30歳になったら、自分のイメージを気にして、印象を気にして格好つけるのをやめようと、決めていたんです。今回もその意識で、新たな自分をみせられたらいいなと、臨みました。撮影現場は、カメラマンさんとだけのセッションの世界。カメラマンさんが作る空気の中でリードしていただき、気恥ずかしさはなくなり、一気にスイッチが入りました」
 優しい視線を向けて彼女役の女性モデルの頭をなで、いとしそうに抱きかかえたり、美しいキスシーンや情熱的にからみ合うベッドシーン、そして隆起する筋肉に目が奪われるシャワーシーンなど、大人の魅力とあふれる色気が爆発した玉森のヌードグラビアに注目だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ