ついに「不織布マスク警察」まで登場でトレンド入り…「『4層じゃなきゃダメ』と説教する妖怪に遭遇」との声も

2021年1月28日 12時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
不織布マスク

不織布マスク

  • 不織布マスク
 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「不織布マスク警察」が28日、ツイッターのトレンド入りした。この日朝のテレビ番組で紹介されたことから、SNS上で注目ワードとして浮上したと見られ、さまざまな意見が飛び交っている。
 マスクをしていない人を個人的に追及する「マスク警察」は以前から取りざたされていたが、コロナ禍が長引くにつれて、“警察業務”も細分化。最近では「ウレタンマスク警察」の存在も指摘されるようになり、ついに不織布(ふしょくふ)マスクにまで“警察”の手が及ぶようになったようだ。
 ツイッターでは「不織布マスク警察って本当にいるのかな?少なくともぼくはマスク警察自体あまり遭遇しない」と存在自体を疑問視する声や、「『その不織布マスク何層?3層?それじゃダメだって4層じゃなきゃ』と説教してくる妖怪にはすでに遭遇した」という報告もあった。
 さらに「誰かを守りたいっていう気持ちが、自分達の正義がどんどんエスカレートすることがある。正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ」と極端な姿勢に警鐘を鳴らすツイートもあった。
 マスクの性能についてはさまざまな分析がある一方、まずは正しく着用することの重要性も指摘されている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ