本文へ移動

「熊川くず」寒ざらし体験 若狭の熊川小児童

2021年1月28日 05時00分 (1月28日 15時00分更新)
振興会のメンバーとともに「寒ざらし」の作業を続ける児童(中)=若狭町の熊川宿で

振興会のメンバーとともに「寒ざらし」の作業を続ける児童(中)=若狭町の熊川宿で

 若狭町熊川小学校の全校児童二十二人が二十六日、名産「熊川くず」の生産工程の中で最も厳しいとされる「寒ざらし」の作業を地元の加工場で体験した。長靴を履き、防寒着を着込んでの作業。冷気漂う中、黙々と取り組んだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報