本文へ移動

高齢者徘徊の対応に協力を SOSネットワーク、登録数伸び悩み

2021年1月28日 05時00分 (1月28日 12時00分更新)
津市が開講する認知症サポーター養成講座=同市内で(市提供)

津市が開講する認知症サポーター養成講座=同市内で(市提供)

 津市内には認知症の高齢者が約一万人いるとされる。徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者の情報を共有する市の制度「徘徊SOSネットワーク津」は、発見に協力する関係機関の登録が六百七十五件にとどまり、システムの周知や協力者の養成が課題となっている。(本間貴子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧