「ありがとう」医療最前線へ塗り絵 中部のコンビニで

2020年4月29日 02時00分 (5月27日 04時32分更新)

医療関係者に感謝の気持ちを伝えようと展示された、来店客らが描いた塗り絵=28日、名古屋市東区のファミリーマート葵北店で(橋場翔一撮影)

 新型コロナウイルス感染の危険にさらされながら最前線で患者の治療に当たる医療関係者への感謝の気持ちを伝えようと、コンビニ大手のファミリーマート(東京)は、中部地方の店舗でメッセージなどを書き込める塗り絵を来店客に配り、完成後に店頭で掲示する取り組みを始めた。
 愛知、岐阜、三重、長野、福井など9県にある約3700店に呼び掛け、17日から配布を開始。うち、名古屋市東区の葵北店では、メッセージとともにサクラやタンポポなどを多彩な色で塗った約20点を掲示している。
 「命をかけて新型コロナと戦ってくれてありがとう」「コロナにかかった人を助けてくれてありがとう」とつづられた作品も。同社の担当者は「気持ちを少しでも元気に明るくし、みんなでこの状況を乗り越えていきたい」と話す。

関連キーワード

PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧