本文へ移動

平田 正月明け3週間で4キロ減量「バッティングのブレ少なくなった」肉体改造の手応え

2021年1月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
記者の質問に答える平田=ナゴヤ球場で

記者の質問に答える平田=ナゴヤ球場で

 キレキレの体で、シャープな打球連発だ! 中日の平田良介外野手(32)が27日、オフの肉体改造の成果を実感していることを明かした。引き締まった“復活ボディー"をつくり上げ、相次ぐけがと不振に泣いた昨季の雪辱を果たす。
 体幹と腸腰筋を重点強化し、体はたくましいが、動きにキレがある。平田は「例年オフは体重が絶対増える」と認めるが、1月4日以降の約3週間で98キロから94キロまで減量。やみくもに減らしたわけではなく「体は動かしやすい。バッティングのブレが少なくなった」と手応え上々だ。
 自主トレのフリー打撃でも効果を実感した。スイング時の左膝の動きの変化を、こう説明する。「左膝がぶれず、しっかり止まっている。左足がぶれないということは力が逃げない、分散しないということ」。バットの力を漏れなく伝え、力強い打球を生み出す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ