本文へ移動

移籍決定的の香川真司ギリシャ到着 1部リーグPAOKのクラブハウスでメディカルテスト

2021年1月27日 17時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
香川真司

香川真司

 ギリシャ1部リーグのPAOKへ移籍することが決定的になったMF香川真司(31)が26日夕方、サラゴサ(スペイン)から直接チャーター便でテッサロニキに到着した。地元のデジタルメディア、inpaok.comなどによると、香川は到着口でPAOKのクラブ関係者からクラブのロゴ入りのマスクとマフラーを受け取って着用。PAOKの新加入選手としては、おなじみのスタイルでカメラマンや記者らに出迎えられた。
 サラゴサではロックダウン(都市封鎖)のため、美容院へ行けなかったようで、少し長い髪のせいか、若返った印象だ。そのまま車で本拠地トゥンバスタジアムにあるクラブハウスへ向かい、メディカルテストを受けた。
 契約は2022年夏までの1年半と見られる。ギリシャの各メディアは、この香川のテッサロニキ到着を大きく報じた。ほかにも各メディアはドルトムント(ドイツ)やマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)時代の香川のことを掘り下げて詳しく紹介。大きく期待されていることをうかがわせる。
 PAOKは27日未明、公式ツイッターで香川と思われるシルエットの写真に「立ち上げれ」とハッシュタグをつけて投稿。思わせぶりな投稿も話題を呼んでいる。
 香川の記者会見は、最短で27日に本拠地で行う方向だが、同日夜に敵地で首位オリンピアコス戦の決戦がある。そのため記者会見は、28日にずれ込む可能性もある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ