本文へ移動

巨大鬼面に疫病退散の願い込め 福井の和田八満宮

2021年1月26日 05時00分 (1月26日 15時10分更新)
青空の下、雪が残る境内にお目見えした巨大な鬼の面をくぐる園児たち=福井市の和田八幡宮で

青空の下、雪が残る境内にお目見えした巨大な鬼の面をくぐる園児たち=福井市の和田八幡宮で

 二月二日の節分を前に、巨大な鬼の面が福井市和田三の和田八幡宮にお目見えした。
 高さ五メートル、幅三・五メートルで、一九八九(平成元)年から毎年設置している。「鬼は外、福は内」に合わせ、例年は境内の出入り口に赤鬼と青鬼、黄鬼、本殿前にお多福を置いているが、宮司の宮城壹(はじめ)さん(71)の「福と一緒にコロナも招かないように。まずは収束」との思いから、お多福は設置しなかった。鬼の口には「疫病退散」の文字が入った特製の布マスクを取り付けた。
 青空が広がった二十五日は近くの和田こども園の年長児ら二十人が散歩に訪れ、「鬼だ」と声を上げながら赤鬼の面をくぐっていた。設置は二月十日ごろまで。
 二日の節分当日は鬼の目に仕込んだ電球を光らせるほか、福引抽選会もある。例年実施している豆まきは行わない。
 (山田陽)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報