本文へ移動

【西武】外崎が浅村から見て盗む 稼がなきゃ…オフにはリンゴ農家青森の実家を新築

2021年1月25日 12時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打撃練習する西武・外崎=埼玉県所沢市で(球団提供)

打撃練習する西武・外崎=埼玉県所沢市で(球団提供)

 西武・外崎修汰内野手(28)が24日、投手目線で学んだ昨季リーグ本塁打王の浅村(楽天)の技術を吸収して飛躍することを誓った。浅村らとの愛媛・今治での合同練習から戻り、埼玉県所沢市で自主トレ後にオンライン取材に対応。「僕が(打撃投手として)投げて、感じる部分がたくさんあった」と収穫を強調した。
 今治の自主トレで浅村から聞くことよりも見ることに徹した。「外角に対しての打撃がすごい。うまいし、強さの中に柔らかさもある。外角のコースぎりぎりでもバットが伸びて、芯で捉えてくる」と大絶賛した。
 一流の打撃を見せつけられる中、観察眼を高めて自らの成長に生かすように努めたという。打ちやすいストライクを投げるだけでなく、「ここの球はどうやって打つのかと」とさまざまなコースにボールを投げて“実験台”として学んだ。
 もちろん本塁打王との違いはわきまえる。「ホームランを狙って打つことはない。僕は低く強い打球が打率を残すために必要だと思っている」。オフにはリンゴ農家を営む青森の実家を新築し、まきストーブから床暖房へとグレードアップさせた孝行息子がV奪還への原動力となる

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ