本文へ移動

浜松「フーデリックス」の配送無料 来月末まで延長

2021年1月25日 05時00分 (1月25日 05時03分更新)
 新型コロナウイルスの変異種が静岡県内で確認され、飲食店の苦境が続くと予想されるため、浜松市は、民間と共同で進めている飲食店の宅配支援事業で配送料五百円を無料にするキャンペーンを延長する方針を固めた。当初期限の一月末から二月末に変更する。
 対象となるのは昨年五月、実証実験として始まった市内の飲食店とタクシー事業者、消費者を結ぶネット上の仕組み「フーデリックス」。利用者がサイトで予約すると、市内のタクシー業者が店から料理を配達する。現在は市内の飲食店百二店舗が参加する。
 市は昨年十二月二十三日、それまで五百円だった配送料を一月末まで無料にするキャンペーンを導入したところ、約一週間で六百回以上利用された。導入前と比べ一日あたりの利用回数が四〜五倍に急増し、飲食店からは期限延長を求める声が上がっていた。
 県内では十八日、二十〜六十代の男女三人が英国で流行した新型コロナウイルスの変異種に感染していたことが判明。市によると、変異種の確認後、浜松市内の中心市街地の人出や飲食店の利用者数は減少傾向にあるという。 (佐藤裕介)

関連キーワード

おすすめ情報