本文へ移動

福井・大野市副市長、飲酒事故で退職願 カーブミラー衝突、けがなし

2021年1月24日 23時24分 (1月24日 23時26分更新)
 福井県大野市は24日、田中雄一郎副市長(64)が飲酒して自家用車を運転し、単独事故を起こしたと発表した。田中副市長は同日、石山志保市長に退職願を提出した。県警の捜査を受けているという。
 会見した石山市長によると、田中副市長は23日午後6時ごろから市職員2人と市内の飲食店2軒で酒を飲んだ。午後9時ごろに代行運転を使って自宅近くまで帰り、その後に自家用車を運転して、午後10時ごろにカーブミラーに衝突した。事故に気付いた現場近くの住民が警察に通報した。けがはなく、同乗者はいなかった。
 田中副市長は、石山市長の聞き取りに、記憶があいまいとの説明をしているという。
 石山市長は「市民に対して申し訳ない」と謝罪した。退職願はまだ受理しておらず、今後の捜査状況を踏まえ処分を決める。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧