本文へ移動

【浦和】U-24代表DF橋岡大樹がシントトロイデンに期限付き移籍へ クラブに恩義、契約結び直し欧州挑戦

2021年1月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋岡大樹(C)Jリーグ

橋岡大樹(C)Jリーグ

 浦和のU-24日本代表DF橋岡大樹(21)がベルギー1部リーグのシントトロイデンに期限付き移籍することが24日、関係者への取材で分かった。25日にも正式発表される。橋岡は浦和の沖縄キャンプには参加せず、早ければ今週中にも渡欧するとみられる。
 サイドバックやセンターバックが主戦場の橋岡は対人守備の強さや走力を生かした攻撃参加が武器で、昨季はリーグ戦31試合出場、1得点。浦和との複数年契約は今月末までで違約金のかからない「0円移籍」も可能だったが、クラブに恩義のある橋岡は浦和と契約を結び直した上で欧州挑戦を強く希望。下部組織出身の有望株に対し、浦和側も「世界で活躍する選手になってほしい」という親心で背中を押す形となり、オファーの届いたシントトロイデンへのレンタル移籍でまとまった。
 シントトロイデンには日本代表GKシュミット、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF松原后、FW中村敬斗の日本人5人が所属。ここまで7勝5分け11敗の勝ち点26でリーグ15位と低迷しており、橋岡は起爆剤として期待されている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ