本文へ移動

ダルビッシュ有が菅野智之の巨人残留を支持「『判断するのは僕であって僕の人生』の言葉が全て」

2021年1月24日 14時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダルビッシュ有(AP)

ダルビッシュ有(AP)

 パドレスに移籍したダルビッシュ有投手(34)が24日、自身のツイッターで大リーグ挑戦を目指しながら巨人残留を選択した菅野智之投手(31)の決断を改めて支持した。
 「色々いう人は確かにいますが菅野投手の『判断するのは僕であって、僕の人生なので』という言葉が全て」とつづり、さらに「いつも言いますが『自分が同じ立場になった時にあなたの考える通りの判断をあなたがすればいいだけ』の話です」と続けた。
 菅野はポスティングシステムを使って大リーグ入りを目指したが、交渉が成立せずに巨人に残留。14日に年俸8億円の1年契約で契約更改を済ませ、直後の会見で「ポスティングという形でいくのならどんな条件でもいけという声もあるが、判断するのは僕なので。僕の人生なので」と語っていた。
 ダルビッシュはポスティングシステムを行使して2012年にレンジャーズに6年総額6000万ドル(当時は約46億円)で入団。今季でメジャー10年目を迎える。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ