本文へ移動

公園の名物ヘリ“退役” 永平寺、老朽化進み自衛隊撤去へ

2021年1月24日 05時00分 (1月24日 14時02分更新)
“退役”が決まったヘリコプター「OH−6D」=永平寺町の人希の里公園で

“退役”が決まったヘリコプター「OH−6D」=永平寺町の人希の里公園で

 永平寺町上志比地区の公園に二十年近く展示されている自衛隊のヘリコプターが、二〇二〇年度限りで“退役”する。老朽化が進み、修繕が難しくなったため。県内で自衛隊ヘリが展示されているのはここだけ。のどかな中にも異彩を放った公園の風景が消える。
 機体は偵察などが目的の「OH−6D」。川崎重工業などが手掛け...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報