ながら運転は殺人行為 浜松江之島高で則竹さん講演

2021年1月24日 05時00分 (1月24日 05時02分更新)
事故で死亡した則竹敬太君が当時身に着けていた靴や水筒を手に思いを語る父崇智さん=浜松市南区で

事故で死亡した則竹敬太君が当時身に着けていた靴や水筒を手に思いを語る父崇智さん=浜松市南区で

  • 事故で死亡した則竹敬太君が当時身に着けていた靴や水筒を手に思いを語る父崇智さん=浜松市南区で
 スマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」をしながら運転していた運転手のトラックに、次男=当時(9つ)=がはねられて死亡した愛知県一宮市の一宮東特別支援学校教諭の則竹崇智(たかとし)さん(50)が二十二日、浜松市南区の浜松江之島高校で講演した。生徒たちが密集するのを防ぐため、則竹さんは放送室から「ながらスマホ運転は殺人行為」と訴えた。
 「秋晴れの天気のいい日でした」。則竹さんは落ち着いた口調で、事故後に連絡を受けた時や病院で医師から「もう手の施しようがありません」と言われた時のことを話した。警察から事故映像を見せられた時に「タイムマシンがあれば、危ないよと止めに行きたい」と強く思ったという。
 「一緒に来ているつもり」と亡くなった次男の敬太君が、事故当時に履いていた靴や事故の衝撃でつぶれた水筒を持参した。
 制作会社にアプリの使用制限を訴えたところ、インターネットで誹謗(ひぼう)中傷に遭ったことも紹介し「スマホは便利だが、肉体も心も傷つけてしまう。相手の立場で考えるようになってほしい」と訴えた。
 三年の林本琴美さんは「許せない事故で心が痛くなった。自転車やいつか免許を取る自動車のルールをしっかり守りたい」と話した。
 事故は二〇一六年十月二十六日夕、集団下校中で信号のない交差点の横断歩道を渡っていた敬太君がトラックにはねられ、死亡。事故後、則竹さんは各地の高校や大学などで講演会を開いている。 (中田弦)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧