本文へ移動

【競泳】大橋悠依400個メドレー貫禄勝ち 体調不良後「練習積めてなかったの」健在ぶり示す

2021年1月23日 20時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子400メートル個人メドレー 予選で力泳する大橋悠依の平泳ぎ

女子400メートル個人メドレー 予選で力泳する大橋悠依の平泳ぎ

 競泳の北島康介杯第2日が23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子400メートル個人メドレーは東京五輪で金メダルを狙う大橋悠依(イトマン東進)が4分37秒22で貫禄勝ち。昨年12月の日本選手権は体調不良で欠場したが、健在をアピールした。大橋は「練習があまり積めていなかったのでどうなるかと思ったけど。長い距離の練習をしていけば、もっとタイムは出る」とひと安心。4月の日本選手権へ向けて練習強度を上げていく計画だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ