本文へ移動

【DeNA】三浦大輔監督 下克上大歓迎‼「固定観念持たず」キャンプ臨む 新人3選手らの競争期待

2021年1月23日 18時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダッシュをするDeNA入江大生(右)と加藤大(代表撮影)

ダッシュをするDeNA入江大生(右)と加藤大(代表撮影)

 DeNAは23日、オンラインでスタッフ会議を行い、キャンプの1、2軍を振り分けた。新人はドラフト1位右腕の入江大生投手(22)=明大=ら3人が1軍スタート。三浦大輔監督(47)はフラットな視点を強調し、競争による底上げをテーマに掲げた。

 外国人に来日のめどが立たなくても、三浦監督に悲観の色はなかった。「その分、日本人選手が試合に出るチャンスが増える。自分の居場所をつかみ取ってほしいし、1、2軍の競争も激しくなる」。災い転じて福となす考えを示した。
 ただでさえ井納、梶谷がFAで抜け、今永、東はリハビリ中とあれば、若手の台頭は欠かせない。入江、ドラフト2位の牧秀悟内野手(22)=中大、同5位の池谷蒼大投手(21)=ヤマハ。高校生と育成を除く3人全員を1軍に入れたのは競争を促すためにほかならない。
 ここ2年は1軍投手コーチと2軍監督を歴任した指揮官が期待するのはいい意味での裏切り。「監督として見て、変わったな、という選手も出てくるかもしれない。固定観念を持たず見極めたい」。2軍キャンプにも足を伸ばす予定でいる。
 7日の紅白戦は1軍対2軍を予定し、積極的な入れ替えも示唆。「どんどん上がってきてもらいたいし、チームが一つになるために変わっていかないといけない」。23年ぶりの優勝へ。番長がアピール合戦の号砲を鳴らした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ