本文へ移動

【J1名古屋】大垣勇樹、ラトビア1部・FK RFSへ移籍か 23日実戦デビューも

2021年1月23日 17時30分 (1月23日 18時02分更新)
大垣勇樹

大垣勇樹

 名古屋グランパスのFW大垣勇樹(20)がラトビア1部・FK RFSに移籍する可能性が浮上した。同クラブのホームページによれば、すでにラトビアに到着しており、23日の練習試合に出場する可能性があるという。
 大垣は、2018年に大阪・興国高からグランパスに入団。19年途中にJ3岩手へ育成型期限付き移籍し、昨季は21試合1得点をマークした。15日に期間満了に伴って岩手を退団することが発表されていた。
 17日の新体制発表会では大森スポーツダイレクターが、大垣に欧州からオファーが届いており、本人も意欲的であることを明らかにしていた。同ホームページは「テストを受けている」と伝えており、今後、入団が決まる可能性がある。

関連キーワード

PR情報

グランパスの新着

記事一覧