本文へ移動

岩隈久志さん「僕らの時代は先発完投…」 上原浩治さんとの対話から浮かぶ現代野球の疑問点

2021年1月22日 22時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩隈久志さん

岩隈久志さん

 巨人や大リーグで活躍した元投手の上原浩治さん(45)が22日、自身のユーチューブチャンネルに動画を投稿。昨季限りで現役を引退した元投手の岩隈久志さん(39)とともに、現役の先発投手の投球数を疑問視した。
 上原さんと岩隈さんはDH制などについて激論する中で、現在の投手について言及。岩隈さんは「僕らの時代は先発完投という時代。大体1試合平均で120~130ぐらい投げていた」と若手時代を振り返った。
 その上で、上原さんは「今はそこまで投げない。中6日の休みがあって100球しか投げないなんて、それはちょっと甘えてるんじゃないと思う」と厳しい言葉。岩隈さんも「分かります。僕は中6日でやってたのが(大リーグでは)中4日で投げられるようになったので。投げられるはず」と登板することで鍛えられる効果を強調した。
 一方、巨人のコーチについての話になると、岩隈さんは「声がかかんなかったです」とひと言。上原さんも「俺と一緒やな」と苦笑いしていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ