藤田紀子が貴乃花光司さんと絶縁に至った背景 「うまくお互い理解しあってうち解けて…」生島ヒロシはエール

2021年1月22日 22時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
生島企画室のユーチューブチャンネルで対談する生島ヒロシと藤田紀子

生島企画室のユーチューブチャンネルで対談する生島ヒロシと藤田紀子

  • 生島企画室のユーチューブチャンネルで対談する生島ヒロシと藤田紀子
 タレント藤田紀子(73)が22日、所属芸能事務所「生島企画室」のユーチューブチャンネルに初登場し、息子で元横綱の貴乃花光司さん(48)と絶縁したきっかけについて触れた。
 事務所の会長でフリーアナウンサー生島ヒロシ(70)から水を向けられた藤田は、貴乃花さんから一方的に縁を切られたというニュアンスで、「(理由は)2年ほど前に分かったんです。怒る話だけど、笑っちゃうような話」と切り出した。
 続けて「(2005年に亡くなった)お父さん(二子山親方=元大関貴ノ花)に聞かないと分からないようなことを、(親方が直接)光司に言ったみたいです。まったくのデタラメを(貴乃花さんが)真に受けているというのが真相として分かりました」と主張した。
 具体的な内容については「言ったら大変なことになってしまいます。お父さん(親方)が本人に言ったことですから、本人がいろんなところでしゃべらない限り、知っている方は少ないと思う。それを私が耳にしちゃった」とはぐらかしつつも、「ある種の大きな誤解が生じて、本人がうのみにしている。でも、身内だから確かめるのは簡単なんですよ」という本音がヒントに。過去には貴乃花さんのルーツに関わる話ではないかと一部報道も出ていた。
 生島は神妙な顔つきで「うまくお互い理解しあってうち解けて、ファミリーが仲良く暮らせるかは大きいですよ。光司さんともぜひ仲良くなっていただけたら」とエールを送った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ