【三重】鈴鹿中央総合病院で計37人感染

2021年1月23日 05時00分 (1月23日 05時00分更新) 会員限定
新規感染者が過去最多となり注意を呼び掛ける鈴木知事=県庁で

新規感染者が過去最多となり注意を呼び掛ける鈴木知事=県庁で

  • 新規感染者が過去最多となり注意を呼び掛ける鈴木知事=県庁で
 県が二十二日発表した新型コロナウイルス感染者は五十四人と、四十九人だった九日以来、十三日ぶりに一日あたりの過去最多を更新した。鈴鹿市の鈴鹿中央総合病院では入院患者ら計三十七人の感染が判明し、県はクラスター(感染者集団)と認定した。今月に入って認定されたクラスターは九件目。鈴木英敬知事は臨時会見を開き、あらためて感染対策の徹底を呼び掛けた。 (斎藤雄介)
 同病院での感染者は、看護師ら職員十六人、委託の清掃会社社員一人、入院患者二十人で、いずれも整形外科に勤務、入院していた。職員には他病棟と行き来がある社会福祉士が含まれ、県は整形外科以外に感染が広がっていないか調べる。津市の三十代女性看護師は家族の男子小学生も感染した。
 既にクラスターとなっている伊賀市の「東洋エアゾール工業」では、新たに社員二人の感染が判明し、社内での感染者は計二十五人となった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

三重の新着

記事一覧