本文へ移動

【競泳】佐藤翔馬 圧勝も不満「しっかり調整すれば59秒切れる」100メートル平泳ぎ

2021年1月22日 20時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子100メートル平泳ぎ決勝 59秒84で優勝した佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場で(代表撮影)

男子100メートル平泳ぎ決勝 59秒84で優勝した佐藤翔馬=東京辰巳国際水泳場で(代表撮影)

 競泳の北島康介杯が22日、東京辰巳国際水泳場で始まった。男子100メートル平泳ぎで圧勝した佐藤翔馬(東京SC)は59秒84のタイムに不満顔。「後半に泳ぎが小さくなった。修正しないといけない」と語った。本命は200メートルだが、100メートルでもレベルアップに貪欲だ。「しっかり調整すればタイムは出るはず。59秒は切れる」。世界トップクラスの目安となる58秒台を見据え、スピードに磨きをかける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ