本文へ移動

大栄翔、目の覚める突き押しで11勝目 優勝へ意識「ゼロではないですけど…」【大相撲】

2021年1月22日 19時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
竜電(右)を攻める大栄翔

竜電(右)を攻める大栄翔

◇22日 大相撲初場所13日目(両国国技館)
 大栄翔らしい激しい突き押しが出た。12日目の冷や汗をかく相撲から一転。目の覚めるような突き押しで竜電を押し出した。
 いよいよ優勝争いも佳境に入る。「(優勝への意識は)ゼロではないですけど、変に考えすぎず一日一番勝っていこうと思います。あと2日、自分の相撲をしっかり取り切りたい」と話したが、優勝すれば埼玉県出身では初の力士となる。当然地元の朝霞市は盛り上がってくる。
 朝霞市の職員は「こういう時期ですのでパブリックビューイングではないんですけど、日曜日の午後4時から6時まで市役所の大会議室に市の相撲連盟、体育協会、市議会議員、出身の第一中学の校長など約50人が集まって応援します」と話し、応援が急きょ決定。優勝を待ち望んでいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ